「夙川座」やってます!

オリジナル脚本のオペレッタや、朗読とのコラボ、ポピュラーヴォーカルとのコラボなど、様々な場所、お客様に合わせたコンサート、舞台を企画しています!! 夙川、苦楽園がベースです。 どうぞよろしくおねがいいたします。
毎日暑い日が続きますね。 稽古場に行くだけで、汗が噴き出しますが、楽しく稽古しております。 

8月7金曜日14時開場、14時半開演。  カトリック夙川教会地下ホールにて。
 「竹取物語」 

出演者が楽しまないと、お客様は楽しめないです。  出演者が楽しんでやれるまでは、稽古は続きます~~





2015年07月26日

稽古しております!



8月7日金曜日、14時開場、14時半開演の夙川カトリック教会での、語りと歌のコンサート「竹取物語」の稽古しております。

完成に向けて、努力中!!

これからが、苦しい時間ですが、本番まで、調子を整えていく、静かな時間でもあります。








大阪音楽大学の録音スタジオで制作したCDがあって、時間のある時にyoutubeにアップしています。

公演のプロデュースで少々忙しくて、なかなかアップしていません。

今日、一曲アップしました。

昨年、映画「永遠のゼロ」に触発されてできた作品です。

美化したつもりはないです。 でも、その当時にあまりにも真っ直ぐな愛国心で若くして亡くなった人達のことを嗤うわけにもいきません。

複雑な思いありますね。
Posted by notebook │Comments(0) | 音楽
このBlogのトップへ
2015年07月09日

かぐや姫


8月7日金曜、14時開場、14時半開演。 西宮のカトリック夙川教会地下ホールにて、公演します「竹取物語」のかぐや姫のプロフィールです。

ハフマン美亜さん。

高校2年生。 合唱部 部長。
中1から合唱部で、今では、後輩を指導しています。

ピアノは4歳から習っています。
好きな作曲家はドビュッシー。 特に、「夢」という曲が好きです。

今は、ミュージカルが好き。 特に「オペラ座の怪人」。

祖父の影響で、クラシックも好き。 

好きな食べ物は、「たいやき」

自分へのご褒美。 お店を見つけると買ってしまいます。


とのことです。 期末テストが終わり、初レッスンをしました。

これから、どんどん、かぐや姫になっていただきます。

夙川だより 「ポストホルン」 NO.3 が出来ました。

これは、夙川座ニュースのようなものです。  発起してから、色々なことがあり、うれしいことや驚くこともありました。 そのような手前勝手なものですが、少しずつ、私どものことを知っていただければと思っております。

NO.1 と NO.2 は紹介していませんでしたね。

続くとは思っていなかったのと、公演がひと月に一度のペースで、かなりバタバタしていたので、アップできなかったのが理由です。

公演のペースは、3か月に1度がゆとりあるように思います。

公演後のお礼も出来ますし、次の準備にもゆとりがあります。

毎月の公演ですと、稽古しながら、次の準備をしていくので、お客様に満足にお礼状も書けませんから。


夙川だより 「ポストホルン」 は、印刷物です。 もし、ご希望の方がいらっしゃれば、お送りします。 

発行日は決まっていません。 トピックがあり、出来たときが発行日です。



Posted by notebook │Comments(0) | 音楽
このBlogのトップへ
2015年07月01日

DVDできました。



4月18日神戸の酒心館にて公演しました「二人の源氏」のDVDができました。

関西歌劇団の末廣さんの空蝉の情念は、DVDにしてもなお、伝わってきます。

Posted by notebook │Comments(0)
このBlogのトップへ
2015年07月01日

竹取物語



8月7日金曜日。 
14時開場、14時半開演。 カトリック夙川教会地下ホールにて。

「竹取物語」いたします。

今回のかぐや姫は、ただ今、期末テスト中。  練習はしばし置いて、お勉強に集中しています。

6月28日の初顔合わせの時も、行き帰りの電車の中で地学の教科書を開いていました。 えらいな~~。


チラシが近々、出来上がります!
プロフィール
notebook
notebook
学生の頃から、ホールや福祉施設、商業施設などに呼ばれる形で歌ってきましたが、やはり自分たちの企画で自分たちの音楽をやりたいという思いが強くなり、劇作家・作詞家の伊佐山紫文氏を座付作家として私(浅川)が座長となり、「夙川座」を立ち上げました。

私たちの音楽の特徴は、クラシックの名曲を私たちオリジナルの日本語歌詞で歌うという点にあります。

イタリア語やドイツ語、フランス語などの原語の詩の美しさを楽しみ、原語だからこそ味わえる発声の素晴らしさを聴くことも良いのですが、その一方で、歌で最も大切なのは、歌詞が理解できる、共感できる、心に届くということもあります。

クラシック歌曲の美しい旋律に今のわたしたち、日本人に合った歌詞をつけて歌う、聴くことも素敵ではないかと思います。

オリジナル歌詞の歌は50曲を超え、自主制作のCDも十数枚になりました。

2014年暮れには、梅田グランフロント大阪にある「URGE」さんで、なかまとオリジナル歌詞による夢幻オペラ「幻 二人の光源氏」を公演いたしました。

これらの活動から、冗談のように「夙川座」立ち上げへと向かいました。

夙川は私(浅川)が関西に来て以来、10年住み続けている愛着のある土地だからです。
地元の方々に愛され、また、夙川から日本全国に向けて、オリジナル歌詞によるクラシック歌謡の楽しい世界を広げていきたいという思いを込めています。

< 2015年07>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人