「夙川座」やってます!

オリジナル脚本のオペレッタや、朗読とのコラボ、ポピュラーヴォーカルとのコラボなど、様々な場所、お客様に合わせたコンサート、舞台を企画しています!! 夙川、苦楽園がベースです。 どうぞよろしくおねがいいたします。
2016年03月28日

おかげさまで満席







4・10 日曜日、14時半開場、15時開演。 神戸酒心館ホールにて。
 「恋の名残 新説・曽根崎心中」 は、満席となりました。

しかし、多少の融通はききますので、 数席なら、ご用意できるとは思います。 
全席自由席です。

当日券の設定はありますが、当日券の場合は、前売り券のお客様が、ある程度おちついてからのご入場となります。

よろしければ、前もって、ご連絡いただければと思います。

0798-55-8297(夙川座)または、090-6980-5702(伊佐山)



休憩時には、酒心館さんのご厚意で利き酒サービスがあります。

運転されるのでしたら、ご遠慮下さいませ。


明日から、怒涛の立ち稽古はじまります。

徳兵衛役の清原邦仁(関西歌劇団)先生がカンボジアから無事帰国されたので、一安心。

これから、どんどん徳兵衛に変貌していかれます。

お初役の栢本淑子(関西歌劇団)先生は、日舞の師匠であり、家元の市川右近さんのお母さまへ着物や所作など、ご相談に行かれました。
お初の衣装は、家元の見立てとなります。

お鈴の私は、キャラクター設定をいろいろと試してきましたが、いよいよ決めて、楽しくできるように稽古いたします。

九平次、内山建人さんは、京都芸術大学大学院を先日卒業されました。

今後は、びわこホールアンサンブルに受かり、4月から、所属されます。 活躍が期待されています。

ピアニストは、フリーでソロピアニストとしても忙しい白藤望さん。



こうご期待です。
2016年03月15日

READYFOR

クラウドファンディング「readyfor」に参加して、昨日公開されました。

夙川座のプロジェクトのURLです。

https://readyfor.jp/projects/koinonagori



またしても実験的ですが、賛同いただけましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
2016年03月14日

READYFOR

アメリカ発祥のクラウドファンディング「READYFOR」に申請して、夙川座の提案が審査に通りまして、今日、公開となりました。

夙川座は、昨年、2月に発起してから、3月朗読と歌での「平家物語 祇王」、4月「二人の光源氏」、5月「平家物語 建礼門院徳子」、8月「竹取物語、音楽芝居11月「フィガロの決戦!」と駆け足で、公演してきました。

出演者へのチケットノルマ無し、多額の舞台費用負担一切なし、チケットを売ることが出来ない若手出演者も、出演者には、ギャランティを支払うことを理想にやってきました。

そのことが、実力ある若手が主役で舞台に立てるチャンスとなること、また、夙川座のクラシック音楽にオリジナルで作詞した歌は、「クラシック音楽界の演歌」、
夙川座の音楽芝居は、「クラシック音楽界の大衆演劇」というイメージで作品の方向が見えてきました。

当初は、朗読と歌を考えていましたが、音楽芝居が最も大衆的で楽しいかと思います。

とはいえ、毎回の公演の費用は夙川座にとって少なくはないので、 クラウドファンディング「READYFOR」に提案を申請することにしました。

少額ずつでも、支援していただければ、音楽家の支援につながります。

どうぞよろしくお願いいたします。

「READYFOR」で検索して、ホームページの新着プロジェクトをみていただくか、ホームページ内で「曽根崎心中」で検索してください。

http://readyfor.jp



2016年03月14日

夜、稽古でした。







メンバーのほとんどが、それぞれ本番の後で、疲れのある雨の中の集合で始まりましたが、集中して稽古できました。

良いものへと徐々に進んでいます。
2016年03月11日

フェイスブックに



フェイスブックに「夙川座」のアカウント作りました。 ここと、同じようなことが載っていますが、フェイスブックの方が開くのが多い方にもご覧いただけます。



私どもは、出演者が多額の舞台費用を負担することや、チケットノルマが大変という現状を変えたいと思い、活動しています。

READYFORという、アメリカ発祥のクラウドファンディングで、今後、舞台活動の一部を支えていけたらと、考えました。

歌う、表現するということは、好きでやっていることだから、無料でもいいでしょう。 聴いてもらえるだけでいいでしょう。 ということになると、音楽家たちは、長い、身を削っての練習を一人で飲みこんでいます。  そして、生活の為に、別の仕事をするので、練習の時間を確保するのは無理をすることになります。

夜中に防音の部屋で、朝まで練習していたりします。

好きでやってることだろう、と、切り捨てていけば、音楽をする者、文学をする者、そのほか、絵を描いたりなどの芸術は小さくなっていきます。

それらに人生をかけてやっている人を支援すること、きちんと支払うことは、無駄ではなく、世の中の潤滑油となります。

今日、東日本大震災の追悼の日に、5年間一度も布団で寝ていない老年と言っていい女性の家の様子など、テレビで観ていますと、

音楽より、することがあるだろうというような気持ちにすらなってきます。

しかし、音楽で気持ちを引き立てることも、思い出を美しく思い出させることもできる力があります。

それには、なくなってしまってからでは遅い。  それぞれの分野の音楽が残っていけば、必ず、世の中の役に立てると信じて活動をしていきます。

近く、READYFOR の記事をアップしますので、よろしくお願いします。




Posted by notebook │Comments(0) | 音楽
このBlogのトップへ
プロフィール
notebook
notebook
学生の頃から、ホールや福祉施設、商業施設などに呼ばれる形で歌ってきましたが、やはり自分たちの企画で自分たちの音楽をやりたいという思いが強くなり、劇作家・作詞家の伊佐山紫文氏を座付作家として私(浅川)が座長となり、「夙川座」を立ち上げました。

私たちの音楽の特徴は、クラシックの名曲を私たちオリジナルの日本語歌詞で歌うという点にあります。

イタリア語やドイツ語、フランス語などの原語の詩の美しさを楽しみ、原語だからこそ味わえる発声の素晴らしさを聴くことも良いのですが、その一方で、歌で最も大切なのは、歌詞が理解できる、共感できる、心に届くということもあります。

クラシック歌曲の美しい旋律に今のわたしたち、日本人に合った歌詞をつけて歌う、聴くことも素敵ではないかと思います。

オリジナル歌詞の歌は50曲を超え、自主制作のCDも十数枚になりました。

2014年暮れには、梅田グランフロント大阪にある「URGE」さんで、なかまとオリジナル歌詞による夢幻オペラ「幻 二人の光源氏」を公演いたしました。

これらの活動から、冗談のように「夙川座」立ち上げへと向かいました。

夙川は私(浅川)が関西に来て以来、10年住み続けている愛着のある土地だからです。
地元の方々に愛され、また、夙川から日本全国に向けて、オリジナル歌詞によるクラシック歌謡の楽しい世界を広げていきたいという思いを込めています。

< 2016年03>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人