オリジナル脚本のオペレッタや、朗読とのコラボ、ポピュラーヴォーカルとのコラボなど、様々な場所、お客様に合わせたコンサート、舞台を企画しています!! 夙川、苦楽園がベースです。 どうぞよろしくおねがいいたします。
2017年10月13日

伊佐山紫文

 息子が最近「本気」という言葉を口にするようになった。
 これはもう、原因ははっきりしていて、
「お父さんの本気でハンバーグ作ってよ」というので、それなら、と、「本気」で作ったハンバーグがむちゃくちゃ美味しかったことに由来する。
 いつものうちのハンバーグはフードプロセッサーで材料を全部ガーッと混ぜて成形して作るから、歯ごたえはあるけれど、ジューシーじゃない。
 焼いた肉団子という感じ。
 なのにテレビじゃ、ハンバーグと言えば肉汁がどうのこうのとジューシーさばかりが強調される。
 そういうのを作れ、と。
 作りますよ、じゃあ「本気」で。
 別に難しいわけじゃない。
 刻んだタマネギをレンジにかけて水分を飛ばして冷まし、牛乳と溶き卵とスープでふやかしたパン粉と合挽ミンチに混ぜ込む。
 この合挽ミンチがくせ者で、マズイのはとことんマズイ。
 とくに解凍モノは牛肉がパサパサする。
 おそらくは脂身を相当に混ぜ込んで冷凍しているから、焼くと、肉汁という名の油が流れ出てしまう。
 結果、ボソボソする。
 ボソボソ、パサパサをごまかすために、ゼラチンを使ったりなんだりと工夫が要る。
 そういうのが面倒なので、うちは関西スーパーの冷凍なしの合挽ミンチを使う。
 少々高いけれど、味がまるで違う。
 フライパンも、最近流行りのスキレットという厚めの鉄板で焼く。
 高温が維持されるので水蒸気が絶えることなく、焦げ付かない。
 味付けは、肉に混ぜ込んだ味噌。
 牛乳でパン粉をふやかすときに一緒に混ぜておく。
 これで格段に肉が旨くなる。
 この味噌も実は手作り。
 煮た大豆と買ってきた麹をヨーグルトメーカーで発酵させて作る。
 通常の味噌より塩分濃度が薄いので、熟成させず、すぐに食べきる。
 うちは通常の味噌汁から麻婆豆腐、ハンバーグに至るまで、すべてこの味噌を使い、だいたい3週間でなくなる。
 黒豆を使うと若干渋みが出るが、まあ、そこはそれ、好みの問題。
 で、本気のハンバーグが焼き上がる。
 大人はこれをおかずに木綿豆腐を。
 1個も食べれば充分。
 息子は、
「最低でも5個は食べたい」
 と言い、実際、そのくらいは食べる。
 ほとんどはカサ増しのタマネギやパン粉なんだが、肉汁と味噌とトマトケチャップの黄金トリオの味で食べさせる。
 これがお父さんの「本気」だ。
 参ったか!
 

Posted by notebook │Comments(0)
このBlogのトップへ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
notebook
notebook
学生の頃から、ホールや福祉施設、商業施設などに呼ばれる形で歌ってきましたが、やはり自分たちの企画で自分たちの音楽をやりたいという思いが強くなり、劇作家・作詞家の伊佐山紫文氏を座付作家として私(浅川)が座長となり、「夙川座」を立ち上げました。

私たちの音楽の特徴は、クラシックの名曲を私たちオリジナルの日本語歌詞で歌うという点にあります。

イタリア語やドイツ語、フランス語などの原語の詩の美しさを楽しみ、原語だからこそ味わえる発声の素晴らしさを聴くことも良いのですが、その一方で、歌で最も大切なのは、歌詞が理解できる、共感できる、心に届くということもあります。

クラシック歌曲の美しい旋律に今のわたしたち、日本人に合った歌詞をつけて歌う、聴くことも素敵ではないかと思います。

オリジナル歌詞の歌は50曲を超え、自主制作のCDも十数枚になりました。

2014年暮れには、梅田グランフロント大阪にある「URGE」さんで、なかまとオリジナル歌詞による夢幻オペラ「幻 二人の光源氏」を公演いたしました。

これらの活動から、冗談のように「夙川座」立ち上げへと向かいました。

夙川は私(浅川)が関西に来て以来、10年住み続けている愛着のある土地だからです。
地元の方々に愛され、また、夙川から日本全国に向けて、オリジナル歌詞によるクラシック歌謡の楽しい世界を広げていきたいという思いを込めています。

< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人